読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコ派看護兵のゲーム備忘録

エンジョイゲーマーによる、ゲーム中心の備忘録です。できるだけ毎日投稿してます。

【BF1】従軍星章への道〜Lewis Gun(軽量)援護兵編〜【武器解説】

こんにちは!

 

今回は初期解除されている援護兵武器、Lewis Gunの軽量仕様の解説です。

 

Lewis Gun自体について詳しく説明していますので、先に制圧仕様の記事をご覧ください。

nikutosushi.hatenablog.com

 

光学照準仕様の記事はこちらです。

nikutosushi.hatenablog.com

 

f:id:nikutosushi:20170107013333j:plain

 

 

良い点

  • 制圧仕様と大体同じです
  • 他の2仕様と比べて反動、拡散が速くおさまっていく
  • 対空サイトが見やすい(見にくいと感じる人もいるかも)

悪い点

  • 制圧仕様と大体同じです

解説

相変わらず銃の見た目はかっこいいです。

 

参考までにサイトはアイアン、対空の2つが使えますが、僕的には圧倒的に対空サイトが見やすいです。

 

倍率は1.00、1.25、1.50、2.00倍がありますが、僕は1.25倍を使ってました。

 

援護兵の初期武器ですが、結構使い勝手は良い感じがします。制圧仕様とADS精度は全く同じなんですが、なんとなくこちらの方が敵に当てやすいです。でも光学照準仕様には負けますね。

 

バイポットを立てれば安定した射撃ができます。拠点を守りたい時などに使っていきましょう。でもバイポットを使わなくても十分当てていけます。バイポットを使っている時、もし自分が気付いていない場所に偵察兵がいた場合、ヘッドショットを狙われやすくなりますので、こまめに移動するのが吉です。

 

僕が使った感覚だと、光学照準>軽量>>制圧の順で強かったですね。光学照準仕様は兵科レベル3でアンロック可能なので、そこまでのつなぎに使うのがいいかなぁと思いました。

 

点数(5点満点)

中級者以上の方・・・4.2

初心者の方・・・4.7

個人的に・・・4.2

 

かなり使い勝手が良いのでオススメです!

今回はこの辺で!